回空blog

伺か・イラスト・その他に関する雑記。

スポンサーサイト

--.--.-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いつき:シェルの重なり順

2006.12.22 

思いついたことメモ。
特にそれを使って今何かをするって話ではないんですが。備忘録。

CSSではレイヤーの重なり順をz値で指定する事が出来ますが、それをゴーストのシェルでもできたらちょっと便利かも、と。

例えば、あきつさんが作って下さったWL追加シェル「sorami」では、\0が人物シェル、\1が背景画シェルとなっており、背景の上に人物を重ねて使うようになっています。
しかしうっかり背景をクリックしてしまうと、人物シェルが背景シェルの下になり見えなくなってしまいます。
そんな時に重なり順の指定が出来たら便利かなー、と。

それならエレメント合成なりで一枚のシェルでやればいいじゃないかと思われそうですが、シェルの重なり順指定ができると他にも便利になりそうな事が。
例えば一枚のシェルに、場合に応じて異なるシェルを重ねる場合。
具体例としては、同じ背景絵シェルに、人物Aのシェル・人物Bのシェルのどちらかを場面に応じて重ねる場合など。
そんな時、エレメント合成では、人物のマウス反応領域が違う場合、背景ごと別々のシェルとして定義しなければなりません。
しかし二枚のシェルを重ねるのであればマウス領域の定義はそれぞれのシェルのままでいいので、楽できるんじゃないかなーと。

あと、シェルの重なり反応にも少し細やかな反応を設定できるようになるかも。
例えばうちの「眼鏡と鬼」で、姿月(\0)を移動させてカエン(\1)に重ねても、姿月がカエンに「近寄るなどけ」的な台詞を言いカエンが自動的に離れて行きます。(多分。長い事見てないから違ったかも)
これは何だか不自然です。おっかけっこのようにシェルもどんどんカエン側に移動してしまう。
しかし重ね順を指定できることの派生として、上になっているシェルがどちらかがわかったりしたら、近づいた方がまた離れてほぼ元の位置に戻るような反応もできるんじゃないかなーとか。

うん。だから何って話なんですが。
自分がいつかまたやる気出たときのためにメモ。

Track Back

TB URL

ブログ検索

プロフィール

ケノ

Author:ケノ

▼伺か・イラストサイト「回空」
回空

▼COLORSβ公開サイト
COLORSβ

pixiv

→ Twitter

初音修造

リンク

ランダム妖怪辞典

RSSフィード

最近の記事

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。